FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています


George Lewis(2008-02-26)
Amazonランキング:190948位
Amazonおすすめ度:


久しぶりにGeorge Lewisを聴きます。

彼は1900年7月13日、New Orleansに生まれ、16歳からクラリネットを始め、1917年(歳が分かり易い)にLee CollinsがいたBlack Eagle Bandに参加、1920年代はBuddy PetitやKid Rena 、さらにKid Oryなどのバンドで働いたという。
1930年代のはじめ頃、Bunk Johnsonが参加していたEvan ThomasのBlack Eaglesに加わるがEvan Thomasがステージで殺害されたのをきっかけにジャズから離れ、港で荷物運びをして生計を立てるようになる。

1942年、Bunk Johnsonがリバイバルブームで再発見されると、そのバンドのクラリネットとして起用される。
1949年にBunk Johnsonが死ぬのと前後し、George Lewisは自分のバンドで演奏を続け、1950年代の後半にはヨーロッパを旅行し、1963年に初来日(その後64年、65年と続く)。
1968年12月31日New Orleansにて死去。

録音:
1965年4月20日 Sam Jacinto Hall, New Orleans〈1.-11.*〉
1966年3月16日 Preservation Hall, New Orleans〈12.*〉
演奏者:
George Lewis and The Mustache Stompers:
George Lewis(cl), George Blood(tp), Jay Brackett(tb), J.R.Smith(tuba), Ronnie Bill(banjo), Alex Bigard(ds)〈1.-11.*〉

De De Pierce & His New Orleans Stompers:
De De Pierce(tp), George Lewis(cl), Jim Robinson(tb), Lars Edegran(p), Chester Zardis(b), Alex Bigard(ds)〈12.*〉

曲目:
1. Sweet Sue
2. Just a Blues [Take 2]
3. Stompin' at the Savoy
4. Nobody's Sweetheart Now
5. I Can't Give You Anything But Love [Take 1]
6. Rosetta
7. Jazz Me Blues
8. I'm Gonna Sit Right Down (And Write Myself a Letter)
9. Just a Blues [Take 3]
10. I Can't Give You Anything But Love [Take 2][#]
11. Blues in B Flat [#]
12. In the Good Old Summertime
テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/927-7e466db2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック