FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています


シングフォニカー(2004-02-25)
Amazonランキング:100503位
Amazonおすすめ度:


ドイツ版キングズ・シンガーズといった感じです(英語で歌っています)♬
日本ではこれがデビュー盤です。

シングフォニカー(Die Singphoniker)は歌う(sing)とシンフォニカー(Symphoniker=交響楽団)からの造語だそうで、男性6人のコーラスグループです。

ロマン派のレパートリーを得意としているようですが、このS&Gの作品もとても素晴らしい演奏です。

「Amazonで詳細を見る」をクリックすると試聴できます。

録音:2003年7、8月クラウス・スタジオ ヴァルフシュタット
演奏者:Die Singphoniker
アルフォンス・ブランドル(tenor) 
フーベルト・ネットンガー(tenor) 
ルートヴィヒ・トーマス(baritone) 
ミヒャエル・マンタイ(bass-baritone) 
クリスティアン・シュミット(bass) 
ベルノ・シャルプフ(bass/vocal effects) 

ウルリッヒ・ヘルケンホフ(panpipes)
アビ・フォン・ライニング(g)
ミヒャエル・シェーネ(b)
マティアス・ピリプツェン(ds)
マティアス・ケラー(keyboards)

曲目:

1. サウンド・オブ・サイレンス
2. スカボロー・フェア(パート1)
3. スカボロー・フェア(パート2)
4. ボクサー
5. 明日に架ける橋
6. ミセス・ロビンソン
7. 4月になれば彼女は(インストゥルメンタル)
8. ワンダフル・ワールド
9. ブライト・アイズ
10. コンドルは飛んで行く
11. スティル・クレイジー
12. いとしのセシリア
13. クライング・イン・ザ・レイン
14. 59番街橋の歌(フィーリング・グルーヴィ)
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/890-5d6c5860
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック