FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています


Duke Ellington(1990-10-25)
Amazonランキング:321844位
Amazonおすすめ度:


今晩もEllingtonが続きます(^_^;)

このレコードは私が初めて買ったDuke EllingtonのLPです(当時、高校生でした)。
衝動買いでしたが、感激でした\(^O^)/

1959年2月、前年末のヨーロッパ公演から帰った後、フロリダでしばらく仕事をしてから久しぶりにNYで録音するために戻ったオーケストラがスタジオで「お帰りなさい」という多数のファンや知人に迎えられ、急遽Jazz Partyになりました。

その際、前年ルーイソン・スタジアム(ニューヨーク市)の野外コンサートで組んだ交響楽団の打楽器奏者(9人)を呼び、更にゲストにディジー・ガレスピー、ジミー・ラッシング、ジミー・ジョーンズが参加して実にご機嫌なJazz Partyになりました。

楽しい\(^O^)/

録音:1959年2月19,25日 
演奏者:Duke Ellington Orchestra 
Reeds:
Johnny Hodges(as)、Russell Procope(as,cl)、Poul Gonsalves(ts)、Jimmy Hamilton(ts,cl)、Harry Carney(baritone s)
Trumpets:
Ray Nance(vi,vo)、Clark terry、"Cat"Anderson、Shorty Baker、Andres Ford
Trombones:
Britt Woodman、John Sanders、Quentin Jacksom
Rhythm:
Duke Ellington(p)、Jimmy Woode(b)、Sam Woodyard(ds)

Guest:
NY市交響楽団打楽器奏者(9人)
Dizzy Gillespie(tp)
Jimmy Rushing(vo)
Jimmy Jones(p)

曲目:
1. Malletoba Spank
Toot Suite:
2. ⅠRed Garter
3. ⅡRed Shoes
4. ⅢRed Carpet
5. ⅣReady, Go!
6. U.M.M.G. (Upper Manhattan Medical Group)
7. All of Me
8. Tymperturbably Blue
9. Hello Little Girl
10. Satin Doll
11. Fillie Trillie
テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/881-a4789d54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック