FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています


Coleman Hawkins(2001-06-19)
Amazonランキング:557936位
Amazonおすすめ度:


Jazzにおける“テナー・サックスの父”と言われるColeman Hawkinsのアルバムです。

彼は1904年11月21日ミズーリ州セントジョセフに生まれ、11歳の時からテナー・サックスを始め、23年からフレッチャー・ヘンダーソン楽団に10年間在籍、34年からはヨーロッパに渡り、ジャンゴ・ラインハルトやステファン・グラッペリとも共演。
1939年に帰国すると、バンド・リーダーとして「ボディ・アンド・ソウル」等を録音、40年代にはセロニアス・モンクやマックス・ローチ等の若手を育てる。
1969年5月19日NYにて肺炎で亡くなる(64歳)。

録音:1933~49年 
演奏者:Coleman Hawkins' Sax Ensemble, Coleman Hawkins & His Orchestra

曲目:
1. On The Sunny Side Of The Street
2. Body And Soul
3. Honeysuckle Rose
4. Jamaica Shout
5. Dedication
6. Fine Dinner
7. He's Funny That Way
8. Voodte
9. How Deep Is The Ocean
10. Louise
11. Rainbow Mist
12. Cattin' At Keynote
13. Leave My Heart Alone
14. Night And Day
15. I Only Have Eyes For You
16. Flamethrower
17. There's A Small Hotel
18. Stompin' At The Savoy
テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/877-88a1f182
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック