FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています


ボストン交響楽団(1998-05-21)
Amazonランキング:886887位
Amazonおすすめ度:


ミュンシュ、ボストン交響楽団でラヴェル:管弦楽曲集です。
リズムが抜群に良いです♬

彼は1891年9月26日に当時ドイツ領であったアルザス・ストラスブールに生まれ(後にフランスに帰化)、ストラスブール音楽院でヴァイオリンを学び(父はストラスブール音楽院院長)、ベルリンではカール・フレッシュに師事、1912年パリ音楽院でリュシアン・カペーに師事。
1918年ストラスブール市立管弦楽団コンサート・マスターとストラスブール音楽院教授に就任。
1926年にはライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の奏者となり、1932年までフルトヴェングラー、ワルターの下でコンサートマスターを務める(この頃から指揮を始めます)。
1937年~1946年までパリ音楽院管弦楽団の指揮者、1949年~1962年までボストン交響楽団の常任指揮者を務めます。
1967年にパリ管弦楽団、初代の音楽監督に就任したが、翌年同団とともに演奏旅行中、アメリカのリッチモンドで急逝しました(77歳)。

「Amazonで詳細を見る」をクリックすると試聴できます。

録音:シンフォニー・ホール ボストン
1956年1月23日〈1.*〉、1955年12月5日〈2.*〉、1956年1月23日〈3.*〉、1958年2月19日〈4.*〉
演奏者:シャルル・ミュンシュ(指揮)、ボストン交響楽団

曲目:ラヴェル
1. ボレロ
2. ラ・ヴァルス
3. スペイン狂詩曲
4. 組曲「マ・メール・ロア」
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/865-a4b9182e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック