FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています


Count Basie Orchestra(1994-04-30)
Amazonランキング:188867位
Amazonおすすめ度:


Count Basieの追悼盤(1984年4月26日死去)になってしまったアルバムです。
内容はOrchestra編成とカンサス・シティ・ジャズ・スタイルのCombo編成とになっております。

来日直前(5月14日)の吹き込みでメンバーは来日したメンバーと殆ど同じ(フレディ・グリーンが急病で不在)ですが、このアルバムのCombo編成にはジョー・パスと退団していたケニー・ヒングが参加しています。

録音:1983年5月11,12日 Oceanway Studios Hollywood
演奏者:Count Basie & His Orchestra
Orchestra編成〈1.2.4.5.*〉
Count Basie(p)
クリーヴランド・イートン(b)
デニス・マックレル(ds)
ボブ・サマーズ、デイル・カーリー、ソニー・コーン、フランク・サボ、ジム・クロフォード(tp)
ブーティ・ウッド、グローヴァー・ミッチェル、デニス・ウィルソン、ビル・ヒューズ、(tb)
ダニー・ターナー、クリス・ウッズ(as,fl)
エリック・ディクソン、エリック・シュナイダー(ts,fl)
ジョン・ウィリアムス(baritone sax)
サム・ネスティコ(編曲、指揮)
Combo編成〈3.6.*〉
Count Basie(p)
クリーヴランド・イートン(b)
デニス・マックレル(ds)
ボブ・サマーズ(tp)
クリス・ウッズ(as)
ケニー・ヒング(ts)
ジョー・パス(g)

曲目:
1. Bluesville:サム・ネスティコ
2. 88 Basie Street:サム・ネスティコ
3. Contractor's Blues:Count Basie
4. Blues Machine:サム・ネスティコ
5. Katy:サム・ネスティコ
6. Sunday at the Savoy:Count Basie
テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/793-5e065744
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック