FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています


(2002-11-12)
Amazonランキング:697227位
Amazonおすすめ度:


Coroは1975-76年にかけて、ケルンの西部ドイツ放送協会のために作曲されました。

さまざまな民族の叙事詩の要素をソプラノ、コントラルト、テノール、バス(各パート10人ずつ)とその音域にあった楽器(ソプラノには4人のfl、ob、Es管cl、tp、3人のvi)と二人ずつ組む40組のデュオの集合と、声とは組んでいないピアノ、電子オルガン、二人の打楽器奏者による四重奏で表現します。

録音:1979年10月 西部ドイツ放送ヴァルラーフプラッツ・ホール ケルン

演奏者: Luciano Berio(指揮)、Hebert Schernus(合唱指揮)、 Kölner Rundfunkchor、 Kölner Rundfunk-Sinfonie-Orchester

曲目: Luciano Berio
Coro(合唱)-for voices and instruments(声と器楽のための31の連作)
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/641-6d743b98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック