FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています


ヴュータンの作品を聴くのは初めてだと思います。
Henri François Joseph Vieuxtemps(アンリ・フランソワ・ジョゼフ・ヴュータン)は1820年2月17日ベルギーのヴェルヴィエ (Verviers)に生まれ、優れたヴァイオリニスト・作曲家として活動しました。

このヴァイオリン協奏曲第5番は1858年にアメリカ演奏旅行終えたばかりのヴュータンがパリに滞在中に書かれたものです。
技巧的に優れているだけでなく、内容もしっかりしています♪

録音:1961年5月15&22日 ロンドン Walthamstow Town Hall
演奏者:ヤッシャ・ ハイフェッツ(vi)
サー・マルコム・サージェント(指揮)、 ロンドン新交響楽団
オシアン・エリス(harp)〈2*〉

曲目:
1. ヴァイオリン協奏曲第5番イ短調op.37(ヴュータン)
2. スコットランド幻想曲op.46(ブルッフ)
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/565-7bfa0120
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック