FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています

ウェーバー / クラリネット五重奏曲 ウィーン室内合奏団

ウィーン室内合奏団(1993-07-21)
Amazonランキング:41380位
Amazonおすすめ度:


冷たい雨がしとしとと降っています。
こういう夜は心静かに木管の演奏を聴きたくなります♪
今晩はウィーン室内合奏団でクラリネット、ファゴットの作品を楽しみます。

この合奏団はゲアハルト・ヘッツェルを中心に1970年に結成され、欲71年のウィーン音楽祭でデビュー。
彼はウィーン・フィルの名コンサート・マスターで(私も東京でカール・ベーム指揮のウィーン・フィルを聴きました)とても素晴らしい演奏家でしたが、1992年ザルツブルク近郊ザンクト・ギルゲンで登山中に海抜900m地点から転落、全身打撲のため搬送先の病院で死去されました。

録音:1991年12月15-19日 ウィーン ショッテン教会
演奏者:ウィーン室内合奏団
ノルベルト・トイブル(cl)、ミヒャエル・ヴェルバ(fg)
ゲアハルト・ヘッツェル(vi)、ヨーゼフ・ヘル(vi)、ハット・バイエルレ(va)、アダルベルト・スコチッチ(vc)

曲目:
1. クラリネット五重奏曲変ロ長調op.34(ウェーバー )
2. ファゴット四重奏曲ハ長調op.73-1(ドヴィエンヌ)
3. ファゴットとチェロのためのソナタ変ロ長調K.292(196c)(モーツァルト)
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/558-f47bcebe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック