fc2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています


こんにちは。曇り→雨。
Vaughan Williams:『南極交響曲』、『すずめばち』(アリストファネス組曲)序曲、ハープと弦楽合奏のための『富める人とラザロ』の5つの異版、グリーンスリーヴズによる幻想曲を聴きました

録音:Free Trade Hall, Manchester
1953年6月15-16日〈1.-6.〉12月31日〈7.-12.〉
1954年6月5日〈13.〉
演奏者:Sir John Barbirolli(指揮)Hallé Orchestra
Lawrence Collingwood (Organ)〈3.〉
Margaret Ritchie (Soprano)、 Herbert Bardgett(合唱指揮)Hallé Orchestra Chorus〈1.&5.〉
Jean Bell (Harp)〈7.-12.〉

曲目:Ralph Vaughan Williams
Symphony no 7 "Sinfonia antartica"
1. I. Prelude: Andante maestoso
2. II. Scherzo: Moderato
3. III. Landscape: Lento
4. IV. Intermezzo: Andante sostenuto
5. V. Epilogue: Alla marcia, moderato [non troppo allegro]

6. The wasps: Overture

Variants (5) of 'Dives and Lazarus'
7. Theme (Adagio)
8. Variant I
9. Variant II
10. Variant III
11. Variant IV
12. Variant V

13. Fantasia on Greensleeves
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/5268-7779740d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック