FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています


ラトル(サイモン),バーミンガム市交響合唱団,デーゼ(ヘレナ),ホジソン(アルフレーダ),ティアー(ロバート),レー(ション)(2002-10-25)
Amazonランキング:26206位
Amazonおすすめ度:


秋の気配を感じるとマーラーを聴きたくなります。
今晩は久し振りにラトル、バーミンガム市交響楽団で「嘆きの歌」を聴きます。

マーラー( 1860年7月7日 - 1911年5月18日)がこの作品の台本を完成したのは1878年3月18日で作曲は1879年秋に着手され初稿は1880年11月1日に完成しました。

録音:1983年10月12、13日&84年6月24日 バーミンガム Town Hall
演奏者:サイモン・ラトル(指揮)
バーミンガム市交響楽団
ヘレナ・デーゼ(Soprano)、アルフレーダ・ホジソン(Mezzo-Soprano)
ロバート・ティアー(Tenor)、ション・レー(Baritone)
バーミンガム市交響楽団合唱団(合唱指揮:サイモン・ハルシー)

曲目:マーラー
嘆きの歌
1.第1部:森のメルヒェン
2.第2部:吟遊詩人
3.第3部:婚礼の出来事
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/525-f95b3a7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック