FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています



英国の作品が続きます。Tippett:コレッリの主題による協奏的幻想曲、リトル・ミュージック、2つの弦楽オーケストラのための協奏曲 Walton:『ファサード』組曲第1番、『ファサード』組曲第2番を聴きました

録音:
1970年10月26-28日〈1.-5.〉St John's, Smith Square, London
1986年4月24-26日〈6.-7.〉Henry Wood Hall, London
演奏者:Sir Neville Marriner(指揮)Academy of St.Martin in the Fields
Violin – Alan Loveday, Carmel Kaine, Cello – Kenneth Heath〈1.〉

曲目:
1. Fantasia Concertante on a Theme of Corelli by Michael Tippett
2. Little music for string orchestra by Michael Tippett

Concerto for Double String Orchestra
3. I. Allegro con brio
4. II. Adagio cantabile
5. Iii. Allegro molto

6. Façade: Suite No.1 for Orchestra 1. Polka by William Walton
7. Façade: Suite No.2 for Orchestra 5. Popular Song by William Walton
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/5006-1d801fc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック