FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています

こんばんは。奈良から帰宅しました。


Bartók:弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽、ディヴェルティメントを聴きました。好い演奏です

録音:1969年10月14-17日 St John's, Smith Square, London
演奏者:Sir Neville Marriner(指揮)Academy of St.Martin in the Fields
Celesta – Leslie Pearson, Harp – Osian Ellis, Piano – Roger Smalley, Timpani – Eric Pritchard〈1.-4.〉
Violin – Alan Loveday, Trevor Connah, Viola – Stephen Shingles, Cello – Kenneth Heath〈5.-7.〉
曲目:Béla Bartók
Music for Strings, Percussion and Celesta, Sz. 106
1. I. Andante tranquillo
2. II. Allegro
3. Iii. Adagio
4. IV. Allegro molto

Divertimento for Strings, Sz. 113
5. I. Allegro non troppo
6. II. Molto adagio
7. Iii. Allegro assai
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/4998-03bf9133
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック