FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています


R03286

Dvorák:弦楽四重奏曲 第11番とWolf:イタリア風セレナーデ

両方共初めて聴く作品です。
Dvorákは郷愁を感じる美しい作品です

録音:RCA Victor Studio B, NYC
1960年4月6日〈1./2.〉4月7日〈3./4.〉10月24日〈5.-7.〉10月25日〈8.〉
演奏者:Juilliard String Quartet
Robert Mann(violin)
Isidore Cohen(violin)
Raphael Hillyer(viola)
Claus Adam(cello)

曲目:
Quartet for Strings no 11 in C major, Op. 61/B 121 by Antonín Dvorák
1. I Allegro
2. II Poco Adagio E Molto Cantabile
3. III Scherzo
4. IV Finale. Vivace

5. Italian Serenade for Orchestra by Hugo Wolf
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/4901-852f47be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック