FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています



Brahms:ドイツ・レクィエムを聴きました。素晴らしいです

録音:1954年12月20,28,29日 Carnegie Hall, NYC
演奏者:Bruno Walter(指揮)、New York Philharmonic
John Finley Williamson(合唱指揮)、Westminster Choir
Irmgard Seefried (Soprano)
George London (Bass-baritone)

曲目:German Requiem, Op. 45 by Johannes Brahms
1. Selig sind, die da Leid tragen
2. Denn alles Fleisch, es ist wie Gras
3. Herr, lehre doch mich
4. Wie lieblich sind deine Wohnungen
5. Ihr habt nun Traurigkeit
6. Denn wir haben hie keine bleibende Statt
7. Selig sind die Toten, die in dem Herren sterben
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/4875-97dce477
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック