FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています



Polygram Records
発売日 : 1994-06-14

今回はAlbeniz:イベリア、Falla:「はかなき人生」より間奏曲と舞曲第1番、Mussorgsky:歌劇「ホーヴァンシチナ」より、Josef Strauss:ワルツ「水彩画」、Eduard Strauss:「ドクトリン」を聴きました
録音:Northrop Auditorium, Minneapolis
1957年4月21日〈1.-8.〉
1958年12月18日〈9.-10.〉
演奏者:Antal Doráti(指揮)Minneapolis Symphony Orchestra

曲目:
Iberia by Isaac Albeniz
1. I. Evocacion
2. II. El Corpus en Sevilla
3. III. Triana
4. IV. El Puerto
5. V. El Albaicin

6. La vida breve: Interlude and Spanish Dance no 1 by Manuel de Falla

Khovanshchina: by Modest Mussorgsky
7. Prelude
8. Dance of the Persian Slaves

9. Aquarellen, Op. 258 by Josef Strauss
10. Doktrinen, Op. 79 by Eduard Strauss
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/4708-0d0e61c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック