fc2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています



Esa-Pekka Salonen 60歳の誕生日(2018年6月30日)を記念して、1985年から2012年まで、ソニー・クラシカルから発売された全ての録音を一つにまとめたThe Complete Sony Recordings 61枚組Box Setを聴きます。


Stravinsky ピアノと管弦楽のためのカプリッチョ(1949年版)、管楽器のシンフォニー(1947年版)、ピアノと管弦楽のための協奏曲(1950年版)、ピアノと管弦楽のための楽章を聴きました。懐かしいです
2008年8月26日2013年2月16日にも取り上げています。

録音:Snape Maltings Concert Hall, Suffolk, England
1988年11月30日〈4./8.-12.〉、12月1日〈5.-7.〉、12月2日〈1.-3.〉
演奏者:Esa-Pekka Salonen(指揮)、London Sinfonietta
Paul Crossley(Piano)〈1.-3./5.-12.〉

曲目:Igor Stravinsky
Capriccio for Piano and Orchestra
1. I. Presto
2. II. Andante rapsodico
3. III. Allegro capriccioso ma tempo guisto

4. Symphonies of Wind Instruments

Concerto for Piano and Winds
5. I. Largo - Allegro
6. II. Largo
7. III. Allegro

Movements for Piano and Orchestra
8. I. eighth note = 110
9. II. quarter note = 52
10. III. eighth note = 72
11. IV. eighth note = 80
12. V. eighth note = 104
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/4545-bbc8411c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック