FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています



Esa-Pekka Salonen 60歳の誕生日(2018年6月30日)を記念して、1985年から2012年まで、ソニー・クラシカルから発売された全ての録音を一つにまとめたThe Complete Sony Recordings 61枚組Box Setを聴きます。


今回はShostakovichのピアノ協奏曲第1番、第2番ヘ長調とピアノ五重奏曲を聴きました。楽しいです

録音:
1998年3月30日 Dorothy Chandler Pavillion, Los Angeles〈5.-7.〉
1999年3月28日 Royce Hall, UCLA, Los Angeles〈1.-4.〉
1999年6月28/29日 Seiji Ozawa Hall, Tanglewood, MA〈8.-12.〉
演奏者:Esa-Pekka Salonen(指揮)、Los Angeles Philharmonic Orchestra、Yefim Bronfman (Piano)〈1.-7..〉
Thomas Stevens (Trumpet) 〈1.-4.〉
Juilliard String Quartet〈8.-12.〉
Joel Krosnick (Cello), Yefim Bronfman (Piano), Ronald Copes (Violin),
Joel Smirnoff (Violin), Samuel Rhodes (Viola)

曲目:Dmitri Shostakovich
Concerto for Piano no 1 in C minor, Op. 35
1. Allegretto
2. Lento
3. Moderato
4. Allegro con brio

Concerto for Piano no 2 in F major, Op. 102
5. I. Allegro
6. II. Andante
7. III. Allegro

Quintet for Piano and Strings in G minor, Op. 57
8. I. Prelude. Lento
9. II. Fugue. Adagio
10. III. Scherzo. Allegretto
11. IV. Intermezzo. Lento
12. V. Finale. Allegretto
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/4529-cd1ee0b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック