FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています



Richard Stoltzman75歳を記念して彼が1976年から2007年にかけてRCA(およびソニー・クラシカル)から発表した全録音をCD40枚にまとめたBox Set


きょうはLutoslawski, NielsenとProkofievの作品を聴きます。ダンス・プレリュード(舞踏前奏曲集), 2) ニールセン:クラリネット協奏曲Op.57, 3) プロコフィエフ:ソナタOp.94(クラリネットと小オーケストラのための)

録音:1999年3月3/6/7日 Warsaw, NY, Philharmonic Salle
演奏者:Richard Stoltzman (Clarinet)
Lawrence Leighton Smith(指揮)、Warsaw Philharmonic Orchestra


曲目:
Dance Preludes (5) for Clarinet, Harp, Piano, Percussion and Strings by Witold Lutoslawski
1. Allegro molto
2. Andantino
3. Allegro giocoso
4. Andante
5. Allegro molto

Concerto for Clarinet, FS 129/Op. 57 by Carl Nielsen
6. Allegretto un poco-Poco adagio-Allegro un poco-Allegro vivace

Sonata for Flute and Piano in D major, Op. 94 by Sergei Prokofiev
7. I. Moderato
8. II. Scherzo: Presto
9. III. Andante
10.IV. Allegro con brio
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/4263-89460fc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック