FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています



Richard Stoltzman75歳を記念して彼が1976年から2007年にかけてRCA(およびソニー・クラシカル)から発表した全録音をCD40枚にまとめたBox Set

BMGインターナショナル
発売日 : 2000-10-25

きょうはLamentoと言うことでちょっと寂しい作品を聴きます。マズルカ イ短調(ショパン), 私が土の中に横たわるとき(ディドーの嘆き)(パーセル), 秋の歌(チャイコフスキー/武満徹編), ごらん、マリア(ジョビン), ソルヴェイグの歌(グリーグ), フーガ 嬰ハ短調(J.S.バッハ), ジャンゴ(ジョン・ルイス), マイ・ファニー・ヴァレンタイン(リチャード・ロジャース), ラウンド・ミッドナイト(セロニアス・モンク), グッドバイ(ゴードン・ジェンキンス), ソレダード(孤独)(ピアソラ), イン・ア・センチメンタル・ムード(エリントン)

録音:1999年10月2-8日 NYC, NY, Suffern, BearTracks Recording Studio
演奏者:Richard Stoltzman(Clarinet)
Peter John Stoltzman(Piano)
Eddie Gomez(Bass)
Romero Lubambo(Guitar)
Jeremy Wall(Keyboards)

Lamento Quartet
Lucy Stoltzman, Laurie Smuckler(Violins)
Ira Weller(Viola)
Jerry Grossman(Cello)

曲目:
1. Chopin: Mazurka op. 17 Nr. 4
2. Purcell: When I am laid in earth
3. Tschaikowsky: Herbstlied
4. Jobim: Olha Maria
5. Grieg; Solveigs Lied
6. Bach: Präludium & Fuge BWV 849
7. Lewis: Django
8. Rodger: My funny Valentine
9. Monk: 'Round Midnight
10. G. Jenkins: Goodbye
11. Piazzolla: Soledad
12. Ellington: In a sentimental Mood
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/4262-0082bddb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック