FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています



Richard Stoltzman75歳を記念して彼が1976年から2007年にかけてRCA(およびソニー・クラシカル)から発表した全録音をCD40枚にまとめたBox Set


きょうはBrahmsとWeberのクラリネット五重奏曲を東京クァルテットで聴きました。爽やかさを感じます

録音:
1993年12月4〜10日 NYC, American, Academy of Arts and Letters〈1.-4〉
1994年5月27/28日 Princeton University, Richardson Auditorium〈5.-8.〉
演奏者:Richard Stoltzman (Clarinet)
Tokyo String Quartet
Peter Oundjian, 池田菊衛(Violins)
磯村和英(Viola)
原田禎夫(Cello)

曲目:
Quintet for Clarinet and Strings, Op. 115 in B Minor by Johannes Brahms
1. Allegro
2. Adagio
3. Andantino
4. Con moto

Quintet for Clarinet and Strings, Op. 34, J. 182 in B-Flat Major by Carl Maria von Weber
5. I. Allegro
6. II. Fantasia (Adagio)
7. III. Menuetto
8. IV. Rondo (Allegro)
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/4250-9915f338
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック