FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています



Rudolf Serkinが1941年から1985年まで44年にわたってColumbiaに残した全録音を集大成した75枚組セットです。

BachB

Schumann、Beethovenのヴァイオリン・ソナタを聴きました。渋い演奏ですが聴き応えが有ります

録音:
1943年4月27日 Library of Congress, Washington D.C〈4.-7.〉
1946年12月10日 Library of Congress, Washington D.C〈1.-3.〉
1951年10月13日 Brattleboro, Vermont〈8.-11.〉
演奏者:Rudolf Serkin (Piano), Adolf Busch (Violin)

曲目:
Sonata for Violin and Piano no 1 in A minor, Op. 105 by Robert Schumann
1. I. Mit leidenschaftlichem Ausdruck
2. II. Allegretto
3. III. Lebhaft

Sonata for Violin and Piano no 2 in D minor, Op. 121 by Robert Schumann
4. I. Ziemlich langsam - Lebhaft
5. II. Sehr lebhaft
6. III. Leise, einfach
7. IV. Bewegt

Sonata for Violin and Piano no 10 in G major, Op. 96 by Ludwig van Beethoven
8. I. Allegro moderato
9. II. Adagio espressivo
10. III. Scherzo. Allegro - Trio
11. IV. Poco Allegretto
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/4106-22c546ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック