FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています



Rudolf Serkinが1941年から1985年まで44年にわたってColumbiaに残した全録音を集大成した75枚組セットです。

Serkin28

Beethoven:ピアノ・ソナタ第28番と第31番を聴きました。両方とも素晴らしい作品です

録音:Columbia 30th Street Studio, New York City
1970年10月7/14/15日〈1.-3.〉
1971年1月12日〈4.-6.〉
演奏者:Rudolf Serkin (Piano)

曲目:Ludwig van Beethoven
Sonata for Piano no 28 in A major, Op. 101
1. I. Etwas lebhaft, und mit der innigsten Empfindung (Allegretto ma non troppo)
2. II. Lebhaft, marschmässig (Vivace alla Marcia)
3. III. Langsam und sehnsuchtsvoll (Adagio ma non troppo, con affetto)
IV. Geschwind, doch nicht zu sehr und mit Entschlossenheit (Allegro)

Sonata for Piano no 31 in A flat major, Op. 110
4. I. Moderato cantabile molto espressivo
5. II. Allegro molto
6. III. Adagio ma non troppo - Arioso dolente - Fuga. Allegro ma non troppo
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/4095-76a7e2af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック