FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています



Rudolf Serkinが1941年から1985年まで44年にわたってColumbiaに残した全録音を集大成した75枚組セットです。

Brandenbu

Bach :ブランデンブルク協奏曲第1番、第4番、第5番をCasals(指揮)、Marlboro Festival Orchestraで聴きました。Casalsの個性(感性?)が出て素敵です

録音:Marlboro Music Shed, Vermont
1960年7月6日〈7.-9.〉
1964年7月7日〈1.-3.〉、7月9日〈4.-6.〉
演奏者:Pablo Casals(指揮)、Marlboro Festival Orchestra
Peter Serkin (continuo)〈1.-3./6.〉
Rudolf Serkin (continuo)〈4./5.〉
Rudolf Serkin (Piano)、Ornulf Gulbransen (Flute) , Alexander Schneider (Violin)〈7.-9.〉

曲目:Johann Sebastian Bach
Brandenburg Concerto no 1 in F major, BWV 1046
1. I. [no tempo indication]
(usually performed at Allegro or Allegro moderato)
2. II. Adagio
  III. Allegro
3. IV. Menuetto

Brandenburg Concerto no 4 in G major, BWV 1049
4. I. Allegro
5. II. Andante
6. III. Presto

Brandenburg Concerto no 5 in D major, BWV 1050
7. I. Allegro
8. II. Affettuoso
9. III. Allegro
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/4084-a2674721
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック