FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています



Rudolf Serkinが1941年から1985年まで44年にわたってColumbiaに残した全録音を集大成した75枚組セットです。

maxres

BrahmsとSchumannのピアノ五重奏曲をBudapest String Quartetとの共演で聴きました。呼吸がピッタリの素晴らしい演奏です

録音:1963年9月8/9日〈1.-4.〉、9月10/11日〈5.-8.〉 Brattleboro, Vermont
演奏者:Rudolf Serkin (Piano)
Budapest String Quartet
Joseph Roisman (Violin), Alexander Schneider (Violin), Boris Kroyt (Viola), Mischa Schneider (Cello)

曲目:
Quintet for Piano and Strings in F minor, Op. 34 by Johannes Brahms
1. I. Allegro non troppo
2. II. Andante, un poco Adagio
3. III. Scherzo. Allegro (C minor) - Trio
4. IV. Finale. Poco sostenuto — Allegro non troppo

Quintet for Piano and Strings in E flat major, Op. 44 by Robert Schumann
5. I. Allegro brillante
6. II. In modo d'una Marcia. Un poco largamente
7. III. Scherzo. Molto vivace
8. IV. Allegro, ma non troppo
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/4070-df2df2bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック