FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています



Rudolf Serkinが1941年から1985年まで44年にわたってColumbiaに残した全録音を集大成した75枚組セットです。

1410

Bartók:ピアノ協奏曲第1番をSzell(指揮) 、Columbia Symphony Orchestra、Prokofiev:ピアノ協奏曲第4番をOrmandy(指揮) 、The Philadelphia Orchestraで聴きました。Bartókのリズム、Prokofievの美しさ旋律が素敵です

録音:
1958年3月30日 Broadwood Hotel, Philadelphia〈4.-7.〉
1962年4月20/21日 Severance Hall, Cleveland〈1.-3.〉
演奏者:Rudolf Serkin (Piano)
George Szell(指揮) 、Columbia Symphony Orchestra〈1.-3.〉
Eugene Ormandy(指揮) 、The Philadelphia Orchestra〈4.-6.〉

曲目:
Concerto for Piano no 1, Sz 83 by Béla Bartók
1. I. Allegro moderato - Allegro
2. II. Andante - attacca
3. III. Allegro molto

Concerto for Piano left hand no 4 in B flat major, Op. 53 by Sergei Prokofiev
4. I. Vivace
5. II. Andante
6. III. Moderato
7. IV. Vivace
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/4061-1b1c87bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック