FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています



Rudolf Serkinが1941年から1985年まで44年にわたってColumbiaに残した全録音を集大成した75枚組セットです。

Brah

Brahms:ピアノ協奏曲第1番を聴きます。SerkinとSzellの緊張感が好いですね

録音:1952年11月30日 Severance Hall, Cleveland
演奏者:Rudolf Serkin (Piano)
George Szell (指揮)、Cleveland Orchestra

曲目:Concerto for Piano no 1 in D minor, Op. 15 by Johannes Brahms
I. Maestoso
II. Adagio
III. Rondo. Allegro non troppo
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/4034-f993168c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック