FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています



Rudolf Serkinが1941年から1985年まで44年にわたってColumbiaに残した全録音を集大成した75枚組セットです。

sme88

J.S.Bachの室内楽作品を聴きます。静かな秋の朝にピッタリの演奏です

録音:
1942年5月1日 〈10.〉Liederkranz Hall, NYC
1950年6月1、4,6日 〈1.-3.〉、6月〈4.-8.〉Festival Pablo Casals de Prades
1957年4月5日 〈9.〉University of Puerto Rico, Theater
演奏者:Rudolf Serkin (Piano) 〈4.-10..〉
Pablo Casals (Cello), Paul Baumgartner (Piano) 〈1.-3.〉

曲目:Johann Sebastian Bach
Sonata for Viola da Gamba and Harpsichord no 3 in G minor, BWV 1029
1. I. Vivace
2. II. Adagio
3. III. Allegro

Chromatic Fantasia and Fugue in D minor, BWV 903
4. Fantasy
5. Fantasy

Italian Concerto, BWV 971
6. I. Allegro
7. II. Andante
8. III. Presto

9. Capriccio in B flat major on the Departure of his Most Beloved Brother, BWV 992

10. Toccata in E minor, BWV 914
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/4027-5b7ef57c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック