FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています



Rudolf Serkinが1941年から1985年まで44年にわたってColumbiaに残した全録音を集大成した75枚組セットです。

sme8

今回はBeethoven:ヴァイオリン・ソナタ第9番「クロイツェル」とSchumann:ピアノ五重奏曲を聴きます。活き活きとした掛け合いが楽しいです

録音:Liederkranz Hall, NYC
1941年12月12日〈1.-7.〉
1942年5月22日〈8.-11.〉
演奏者:Rudolf Serkin (Piano)
Adolf Busch (Violin) 〈1.-7.〉
Busch String Quartet〈8.-11.〉

曲目:
Sonata for Violin and Piano no 9 in A major, Op. 47 "Kreutzer" by Ludwig van Beethoven
1. I. Adagio sostenuto—Presto
II. Andante con variazioni
2. Tema. Andante
3. Variation Ⅰ
4. Variation Ⅱ
5. Variation Ⅲ
6. Variation Ⅳ
7. III. Finale. Presto

Quintet for Piano and Strings in E flat major, Op. 44 by Robert Schumann
8. I. Allegro brillante
9. II. In modo d'una Marcia. Un poco largamente - Agitato
10. III. Scherzo molto vivace - Trio I - Trio II - Coda
11. IV. Allegro, ma non troppo
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/4016-e4e1ee74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック