FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています


ピアノとビッグバンドの魅力を引き出した素敵なアルバムです

Duke

Piano in the Background



録音:Radio Recorders, Los Angeles
1960年5月31日〈4. 5.〉
6月2日〈7.〉、20日〈3. 10. 12. 13.〉、22日〈8.〉、28日〈6. 9.〉、29日〈2.〉、30日〈1. 11.〉
1961年3月3日〈14.〉
演奏者:
Duke Ellington – piano
Willie Cook, Fats Ford, Eddie Mullins, Ray Nance - trumpet
Lawrence Brown, Booty Wood, Britt Woodman - trombone
Juan Tizol - valve trombone
Jimmy Hamilton - clarinet, tenor saxophone
Johnny Hodges - alto saxophone
Russell Procope - alto saxophone, clarinet
Paul Gonsalves - tenor saxophone
Harry Carney - baritone saxophone clarinet, bass clarinet
Aaron Bell - bass
Sam Woodyard - drums
テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/3999-c9b96bd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック