FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています

小澤征爾がシカゴ交響楽団の夏の本拠地であるラヴィニア音楽祭の音楽監督を務めた1964年から69年(29歳から34歳)にかけてRCAで録音された貴重な記録です。
今回はSchoenberg:ピアノ協奏曲、ピアノのための5つの小品、幻想曲を聴きます。素敵な演奏です

Ozawa

Schoenberg* / Peter Serkin, Ozawa*, Chicago Symphony* ‎– Piano Concerto - Piano Pieces - Fantasy For Violin And Piano

6181

録音:1967年7月17日〈1.-4.〉、10月30日&11月1-3日〈5.-11.〉Medinah Temple, Chicago
演奏者:Seiji Ozawa(指揮)、Chicago Symphony Orchestra〈1.-4.〉
Peter Serkin (Piano)
Arnold Steinhardt, (Violin)〈10. 11.〉

曲目:Arnold Schoenberg
Concerto for Piano and Orchestra, Op.42
1. Andante
2. Molto allegro
3. Adagio
4. Giocoso (moderato)

Fünf Klavierstücke op. 23 (1920/23) (Peter Serkin, piano)
5. Nr. 1: Sehr langsam (1920)
6. Nr. 2: Sehr rasch (1920)
7. Nr. 3: Langsam (1923)
8. Nr. 4: Schwungvoll (1920/1923)
9. Nr. 5: Walzer (1923)

Phantasy for Violin and Piano Accompaniment, Op. 47 (Arnold Steinhardt, violin; Peter Serkin, piano)
10. Grave – Più mosso – Meno mosso – Lento – Grazioso – Tempo I – Più mosso
11. Scherzando – Poco tranquillo – Scherzando – Meno mosso – Tempo I
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/3962-932a264c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック