FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています

小澤征爾がシカゴ交響楽団の夏の本拠地であるラヴィニア音楽祭の音楽監督を務めた1964年から69年(29歳から34歳)にかけてRCAで録音された貴重な記録です。
先ずはBartók:ピアノ協奏曲第1番と第3番。Peter Serkinも新鮮な感じでした

Ozawa

Bartok: Piano Concertos No 1 & 3 / Peter Serkin, Seiji Ozawa

81HR

録音:Chicago Orchestra Hall
1965年6月28日〈4.-6.〉
1966年7月11日〈1.-3.〉
演奏者:Seiji Ozawa(指揮)、Chicago Symphony Orchestra
Peter Serkin (Piano)

曲目:Béla Bartók
Concerto for Piano no 1, Sz 83
1. I. Allegro moderato - Allegro
2. II. Andante - attacca
3. III. Allegro molto

Concerto for Piano no 3, Sz 119
4. I. Allegretto
5. II. Adagio religioso
6. III. Allegro vivace
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/3959-0447e81f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック