FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています

きょうでMitropoulosの振るNew York Philharmonicは最後になります。Prokofiev:バレエ音楽『ロメオとジュリエット』(抜粋)、Tchaikovsky:スラヴ行進曲』、Mussorgsky:『禿山の一夜』、Vaughan Williams:『トマス・タリスの主題による幻想曲』です。小品でも手を抜きませんね

SONY CLASSICAL
発売日 : 2017-03-16


録音:St. George Hotel, Brooklyn, NY
1957年11月11日〈1.- 11.〉
1958年3月3日〈12.〉
演奏者:Dimitri Mitropoulos(指揮)、New York Philharmonic

曲目:
Romeo and Juliet, Op. 64: Excerpt(s) by Sergei Prokofiev
1. Montagues and Capulets (No. 1 from Suite No. 2, Op. 64ter)
2. Juliet, the Young Girl (No. 2 from Suite No. 2, Op. 64ter
3. Folk Dance (No. 1 from Suite No. 1, Op. 64bis)
4. Masks (No. 5 from Suite No. 1, Op. 64bis)
5. Romeo and Juliet (No. 6 from Suite No. 1, Op. 64bis)
6. Death of Tybalt (No. 7 from Suite No. 1, Op. 64bis)
7. Romeo at Juliet's before Parting (No. 5 from Suite No. 2, Op. 64ter)
8. Friar Laurence (No. 3 from Suite No. 2, Op. 64ter)
9. Romeo at the Grave of Juliet (No. 7 from Suite No. 2, Op. 64ter)

10. Marche slave, Op. 31 by Peter Ilyich Tchaikovsky
11. Night on the Bare Mountain by Modest Mussorgsky
12. Fantasia on a theme by Thomas Tallis by Ralph Vaughan Williams
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/3904-8b1a4442
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック