FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています

今回はWooden Joe Nicholasです。彼は元はクラリネット奏者だったが、1916年頃働いていた店で、博打に行って中々戻らないKing Oliverの代役としてトランペットなったと云われています。

Wooden Joe

録音:1945年
5月10日 〈1.-10〉Artesian Hall, New Orleans
7月20日 〈11.〉、7月21日〈12.〉New Orleans
演奏者:Wooden Joe Nicholas(tp & cl)
Louis Nelson(tb)〈11. 12.〉
Jim Robinson(tb)〈1.〉
Albert Burbank(cl, vo)〈6. 11. 12.〉
Johnny Sy. Cyr(g)〈11. 12.〉
Lawrence Marrero(banjo)
Austin Young(b)
Josiah "Cie" Frazier(dr)〈1.-3.〉
Albert Giles(dr)〈11. 12.〉
Ann Cool(vo)〈12.〉

曲目:
1. Shake It And Break It
2. Lead Me On
3. Careless Love
4. Artesian Hall Blues
5. Tiger Rag
6. Eh,La Bas
7. Up Jumped The Devil
8. Up Jumped The Devil No.2
9. Don't Go 'Way, Nobody
10. I Ain't Got Nobody
11. Clarinet Blues
12. The Load Will Make Any Somehow
テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/3750-1acbb414
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック