FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています

Saint-Saëns :交響曲第3番「オルガン付き」、「サムソンとデリラ」からバッカナーレ、死の舞踏
Borodin:弦楽のための夜想
Vaughan Williams:グリーンスリーヴスによる幻想曲、トマス・タリスの主題による幻想曲を聴きます



録音:
1957年4月14日〈10.〉Broadwood Hotel, Philadelphia、〈11.〉Town Hall, Philadelphia
1959年4月12日〈9.〉Broadwood Hotel, Philadelphia
1962年10月7日〈1.-7.〉Academy of Music, Philadelphia
1963年10月13日〈12.〉Town Hall, Philadelphia
1964年3月23日〈8.〉Town Hall, Philadelphia
演奏者:Eugene Ormandy(指揮)、Philadelphia Orchestra
E. Power Biggs (Organ) 〈1.-7.〉

曲目:
Symphony no 3 in C minor, Op. 78 "Organ" by Camille Saint-Saëns
1. I. Adagio
2. – Allegro moderato
3. – Poco adagio
4. II. Allegro moderato
5. – Presto
6. – Maestoso
7. – Allegro

8. Samson et Dalila, Op. 47: Bacchanale by Camille Saint-Saëns
9. Danse macabre in G minor, Op. 40 by Camille Saint-Saëns

10. Quartet for Strings no 2 in D major: 3rd movement, Andante "Nocturne" by Alexander Borodin

11. Fantasia on Greensleeves by Ralph Vaughan Williams
12. Fantasia on a theme by Thomas Tallis by Ralph Vaughan Williams
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/3704-fc070815
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック