FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています

R. Straussシリーズの最後になります。交響詩『ドン・キホーテ』、『ロマンス ヘ長調』、『13管楽器のためのセレナード変ホ長調』を聴きました。大満足です
きょうはこれから奈良へ遊びに行きます。



録音:Tonhalle, Zurich
2000年2月6日〈14.〉
2003年2月10ー11日〈1.-13.〉
演奏者:David Zinman(指揮)Zurich Tonhalle Orchestra
Michel Rouilly (Viola), Thomas Grossenbacher (Cello)〈1.-12.〉
Thomas Grossenbacher (Cello) 〈13.〉
Zurich Tonhalle Orchestra Winds〈14.〉

曲目:Richard Strauss
Don Quixote, Op. 35
1. Ⅰ Introduzione
2. Ⅱ Don Quichotte, der Ritter von der traurigen Gestalt
3. Ⅲ Variation II
4. Ⅳ Variation III
5. Ⅴ Variation IV
6. Ⅵ Variation V
7. Ⅶ Variation VI
8. Ⅷ Variation VII
9. Ⅸ Variation VIII
10. Ⅹ Variation IX
11. Ⅺ Variation X
12. Finale

13. Romance for Cello and Orchestra in F major, AV 75
14. Serenade for Winds in E flat major, Op. 7
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/3339-10da02b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック