FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています

MozartとRousselの交響曲を聴きます。Albert Rousselの作品を聴くのは初めてだと思いますが、とても興味深い作品です



録音:
1961年3月6日 Manhattan Center, New York City〈1.-4. 9.-10.〉
1961年9月25日 Avery Fisher Hall, Lincoln Center, NYC〈5.-8.〉
演奏者: Leonard Bernstein(指揮)、New York Philharmonic

曲目:
Symphony no 36 in C major, K 425 "Linz" by Wolfgang Amadeus Mozart
1. I. Adagio - Allegro spiritoso
2. II. Andante con moto
3. III. Menuetto
4. IV. Presto

Symphony no 40 in G minor, K 550 by Wolfgang Amadeus Mozart
5. I. Molto Allegro
6. II. Andante
7. III. Menuetto
8. IV. Allegro assai

Symphony no 3 in G minor, Op. 42 by Albert Roussel
9. I. Allegro vivo
10. II. Adagio
11. III. Vivace
12. IV. Allegro con spirito
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
コメント
編集の都合でしょうね(^_^;)
> kikuy1113さん この組み合わせはちょっとおかしいですね(^_^;) ルーセルは聴いたことが有りませんでした。
室内楽は面白そうですねv-266
2015/05/20(水) 06:42:40 | URL | nmzk #-[ 編集]

リンツや40番とルーセルの交響曲との組み合わせは、まあ編集の都合があってしょうがないのでしょうが、ちょっと変わった取り合わせですね。ドイツ音楽の影響があるんでしょうかね。

ルーセル、時々聴きたくなります。オーケストラものだと「蜘蛛の饗宴」や「バッカスとアリアーヌ」というバレエ音楽が文句なしに素敵ですが、管弦楽はフランス人にしてはもやもやと分厚く地味で、いいなあと思えたり鬱陶しいなあと思えたり。結果的にくすんだ色調が印象として残るような気がします。その点からすると室内楽がたいていいいみたい。と、余計なお世話でした、スミマセン・・・。
2015/05/09(土) 11:17:37 | URL | kikuy1113 #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/3259-567432e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック