FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています

Pierre Boulez - The Complete Columbia Album Collectionを聴き終えました。

最終アルバムはScriabin、Bartók、Stravinskyです

大満足の全集でした



録音:
1972年10月16日 New York City〈1.-3.〉
1977年2月7日 Manhattan Center, New York City〈4.-10.〉
1980年10月7日 Great Britain〈11.-18.〉

Scriabin Bartók New York Philharmonic Boulez
演奏者:Pierre Boulez(指揮)
New York Philharmonic〈1.-10.〉
Abraham Kaplan(合唱指揮)Camerata Singers〈8.-10.〉
Ensemble InterContemporain〈11.-18.〉
Lois Winter(mezzo soprano)〈9.〉
Joan Fuerstman(contralto)〈9.〉

曲目:
Symphony no 4, Op. 54 "Poem of ecstasy" by Alexander Scriabin
1. Ⅰ Andante. Languido - Allegro volando - Lento -
2. Ⅱ Allegro non troppo - Allegro - Allegro dramatico - Lento - Allegro volando - Lento -
3. Ⅲ Allegro - Scherzando - Allegro molto.Leggierissimo. Volando - Maestoso

Pieces (4) for Orchestra, Op. 12/Sz 51 by Béla Bartók
4. Ⅰ Preludio. Moderato
5. Ⅱ Scherzo. Allegro
6. Ⅲ Intermezzo. Moderato
7. Ⅳ Marcia funebre. Maestoso

Three Village Scenes, Sz 79 by Béla Bartók
8. Ⅰ Wedding
9. Ⅱ Lullaby
10. Ⅲ Lad's Dance

Suite no 1 for small Orchestra by Igor Stravinsky
11. Ⅰ Andante
12. Ⅱ Napolitana
13. Ⅲ Española
14. Ⅳ Balalaïka

Suite no 2 for small Orchestra by Igor Stravinsky
15. Ⅰ Marche
16. Ⅱ Valse
17. Ⅲ Polka
18. Ⅳ Galop
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/3129-82f0f06c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック