FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています

このアルバムのDaphnis et Chloé, Suite No. 2をLPで初めて聴いたときは驚きました!こんな精緻で透明感のある演奏は初めてです。ジャケットも素敵でしたがオリジナルのジャケット写真が見つかりませんでした。

録音:Severance Hall, Cleveland
1969年7月21日 〈5.-9.〉
1970年4月3日〈1.-4.〉

演奏者:Pierre Boulez(指揮)、The Cleveland Orchestra
The Cleveland Orchestra Chorus〈1.-3.〉

曲目:Maurice Ravel
Daphnis et Chloé, Suite No. 2
1. Ⅰ Lever de jour
2. Ⅱ Pantomime
3. Ⅲ Danse générale

4. Pavane pour une infante défunte

Rapsodie Espagnole
5. Ⅰ Prélude à la nuit. Très modéré (A minor)
6. Ⅱ Malagueña. Assez vif (A minor)
7. Ⅲ Habanera. Assez lent et d'un rythme las (F♯ minor)
8. Ⅳ Feria. Assez animé (C major)

9. Alborada del Gracioso
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/3076-88fe8d85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック