FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています

Joe Lovanoは今まで知りませんでしたが、魅力的な演奏です。Gunther Schullerの編曲も素敵です

録音:1994年4月6、7日&6月12日 Power Station, NYC

Blue Note Records
発売日 : 1995-02-07
演奏者:Joe Lovano – Tenor and Soprano Sax, Bass Clarinet, Drums, Arranger
Gunther Schuller – Arranger
Jack Walrath – Trumpet
David Taylor – Bass Trombone, Tuba
John Clark – French Horn
Richard Oatts – Flute, Tenor Sax
Ed Schuller – Bass
Mark Helias – Bass
George Schuller – Drums
James Chirillo – Guitars
Judi Silvano – Vocal

曲目:
1. Prelude to a Kiss (Ellington/Gordon/Mills)
2. Peggy’s Blue Skylight (Mingus)
3. Wildcat (Lovano)
4. Angel Eyes (Brent/Dennis)
5. Rush Hour On 23rd Street (Schuller)
6. Crespuscle With Nellie (Monk)
7. Lament For M (Schuller)
8. Topsy Turvy (Lovano)
9. The Love I Long For (Duke)
10. Juniper’s Garden (Lovano)
11. Kathline Gray (Coleman)
12. Headin’ Out Movin’ In (Schuller)
13. Chelsea Bridge (Strayhorn)
テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/2993-9a0d6a5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック