FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています

今回はDavid Del Tredici, Ned Rorem, Leonard Bernsteinの作品を聴きます。今まで知らなかったアメリカ音楽です

録音:
1988年11月 Avery Fisher Hall, NYC Live〈1.-8.〉
1988年6月&1989年4月 Mann Auditorium, Tel Aviv Live〈9.-12.〉

演奏者:Leonard Bernstein(指揮)
New York Philharmonic〈1.-8.〉
Israel Philharmonic Orchestra〈9.-12.〉
Gidon Kremer(vi)〈3.-8.〉
José Eduardo Chama(baritone)〈9.-12.〉

曲目:
Tattoo by David Del Tredici
1. Ⅰ Maderato masestoso-Piu mosso, piacevole-Con brio-Menso mosso-attacca
2. Ⅱ Omaggio a Nicolo Paganini Meno mosso flessible-Allegro-Meno mosso amoroso-Vivance-Doppino mov.

Violin Concerto by Ned Rorem
3. Ⅰ Twilight: Free and Spacious-atticca
4. Ⅱ Toccata-Chaconne:Very Fast
5. Ⅲ Romance Without Words: Hardly moving
6. Ⅳ Midnight: Slow
7. ⅤToccata-Rondo: Very Fast
8. Ⅵ Dawn: Wistful

Concerto for Orchestra "Jubilee Games" by Leonard Bernstein
9. Ⅰ Free Style Events: Allegro con brio giocoso
10. Ⅱ Mixed Doubles: Theme and Seven Variations
11. Ⅲ Diaspora Dances: Vivace
12. Ⅳ Benediction: invocando
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/2932-7278342d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック