FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています

Pee Wee RussellとOliver Nelsonというちょっと変わった組み合わせです。
Pee Wee Russellは1964年3月24日に日比谷公会堂で演奏されたEddie Condon All Starsのメンバーとして参加したとき初めて聴きました。
Buck Clayton (tp), Vic Dickenson (tb), Bud Freeman (ts), Pee Wee Russell (cl), Dick Carry (p, alto horn), Eddie Condon (g), Lack Lesberg (b), Cliff Leeman (ds), Jimmy Rushing (vo)という錚々(そうそう)たるメンバーでしたが、私が最も感動したのはPee Wee Russellでした

録音:1967年2月14、15日 Capitol Studios, New York City

演奏者:
Pee Wee Russell - clarinet
Oliver Nelson - arranger, conductor
Clark Terry, Joe Wilder, Ed Williams, Snooky Young - trumpet
Jimmy Cleveland, Urbie Green, Dick Hixson - trombone
Tony Studd - bass trombone
Phil Woods, Jerry Dodgion - alto saxophone
Frank Wess, Bob Ashton - tenor saxophone
Danny Bank - baritone saxophone, bass clarinet
Hank Jones - piano
Howard Collins - guitar
George Duvivier - bass
Grady Tate - drums

曲目:
1. Love Is Just Around The Corner
2. This Is It
3. Memories Of You
4. Pee Wee's Blues
5. The Shadow Of Your Smile
6. Ja-Da
7. A Good Man Is Hard To Find
8. Bopol
9. I'm Coming Virginia
10. Six And Four
テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/2822-472977a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック