FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています

今回はPierre FournierでDvorákの協奏曲とBeethovenのソナタを聴きます。
今回のアルバムはエソテリックによりDSDマスタリングされたSuper Audio CDハイブリッド盤です。

録音:
1959年6月17日~28日 Brahms-Saal, Musikverein, Vienna〈4.-6.〉
1961年6月1日~3日 Jesus-Christus-Kirche, Berlin〈1.-3.〉

Fournier
演奏者:Pierre Fournier (cello)
George Szell(指揮)、Berliner Philharmoniker〈1.-3.〉
Friedrich Gulda (p)〈4.-6.〉

曲目:
Concerto for Cello in B minor, Op. 104/B 191 by Antonín Dvorák
1. I. Allegro
2. II. Adagio ma non troppo
3. III. Finale. Allegro moderato

Sonata for Cello and Piano no 3 in A major, Op. 69 by Ludwig van Beethoven
1. I. Allegro, ma non tanto
2. II. Scherzo. Allegro molto
3. III. Adagio cantabile - Allegro vivace

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/2752-0a0c5943
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック