FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています

Dvorákの交響曲を今度はCleveland Orchestraで聴きます。
表情豊かな素晴らしい演奏です

録音:Severance Hall, Cleveland
1958年10月31日、11月1日〈5.-8.〉
1960年5月18、19日〈1.-4.〉

演奏者:George Szell(指揮)、Cleveland Orchestra

曲目:Antonín Dvorák
Symphony no 7 in D minor, Op. 70/B 141
1. Ⅰ Allegro maestoso
2. Ⅱ Poco adagio in F major
3. Ⅲ Scherzo: Vivace – Poco meno mosso
4. Ⅳ Finale: Allegro

Symphony no 8 in G major, Op. 88/B 163
5. Ⅰ Allegro con brio
6. Ⅱ Adagio
7. Ⅲ Allegretto grazioso – Molto vivace
8. Ⅳ Allegro ma non troppo
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/2578-8051e4a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック