FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています

きょうはMozartのSymphonyとDivertimentoを聴きます。
軽快な中にも輪郭のくっきりした端正な演奏です。

2008年9月7日に取り上げています。

録音:Severance Hall, Cleveland
1963年4月20日〈9.-14.〉、10月1 & 2日〈1.-4.〉、10月26日〈5.-8.〉

演奏者:George Szell(指揮)、Cleveland Orchestra
Maurice Sharp (fl), Marc Lifschey (oboe), George Goslee (bassoon), Myron Bloom, Roy Waas, Martin Morris,
Ernani Angelucci (horn) 〈9.-14.〉

曲目:Wolfgang Amadeus Mozart
Symphony no 28 in C major, K 200 (189k)
1. Ⅰ Allegro spiritoso
2. Ⅱ Andante in F major
3. Ⅲ Menuet & Trio
4. Ⅳ Presto

Symphony no 33 in B flat major, K 319
5. Ⅰ Allegro assai
6. Ⅱ Andante moderato
7. Ⅲ Menuetto
8. Ⅳ Finale: Allegro assai

Divertimento for Flute, Oboe, Bassoon, 4 Horns and Strings no 2 in D major, K 131
9. Ⅰ Allegro
10. Ⅱ Adagio
11. Ⅲ Menuetto & Trio 1, 2, 3
12. Ⅳ Allegretto
13. Ⅴ Menuetto & Trio 1, 2
14. Ⅵ Adagio - Ⅶ Allegro molto
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/2573-05e34dd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック