FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています


今回でWorks of Igor Stravinskyも最終回です。最終回はさまざまな作品ということで、交響詩『ナイチンゲールの歌』、舞踏協奏曲、『フュルステンベルクのマックス王子の墓碑銘』、『弦楽四重奏のための二重カノン』-ラウール・デュフィ追悼のために、宗教的バラード『アブラハムとイサク』、変奏曲-オルダス・ハクスリーの追悼のために、『レクィエム・カンティクルス』聴きます。

連日、Stravinskyを通して聴きましたのでまだ詳細な感想を書くことは出来ませんが、彼の宗教観などに関心を持ちました。
長くのお付き合い有り難うございます。

明日からはまた別のCDを取り上げます。

録音:
1964年12月14日 NYC〈3.〉
1960年10月11日 NYC〈6.〉
1961年1月25日 Hollywood, CA〈4.〉
1966年10月11日 NYC〈7.-15.〉
1967年1月20日 Hollywood, CA〈2.〉、1月23日 Hollywood, CA〈1.〉
1967年1月24日&1969年7月11日 Hollywood, CA〈5.〉
演奏者:Igor Stravinsky(指揮)
Columbia Symphony Orchestra〈1. 6.〉
Columbia Chamber Orchestra〈2.〉

Gregg Smith Singers, Columbia Chamber Ensemble
Arthur Gleghorn (fl), Kalman Bloch (cl), Dorothy Remsen (harp)〈3.〉

Gregg Smith Singers, Columbia Chamber Ensemble
George Neikrug (cello), Israel Baker (vi), Otis Igleman (vi), Sanford Schonbach (viola)〈4.〉

Columbia Symphony Orchestra
Richard Frisch (baritone)〈5.〉

Columbia Symphony Orchestra, Ithaca College Concert Choir
Elaine Bonazzi (mezzo soprano), Linda Anderson (soprano), Donald Gramm (bass baritone)〈7.-15.〉

曲目:Igor Stravinsky
1. Chant du rossignol (Song of the Nightingale), symphonic poem for orchestra
2. Danses concertantes, for chamber orchestra
3. Epitaphium fr das Grabmal des Prinzen Max Egon zu Frstenberg, for flute, clarinet & harp
4. Double Canon, for string quartet ('Raoul Dufy in Memoriam')
5. Abraham and Isaac, sacred ballad for voice & chamber orchestra
6. Variations: Aldous Huxley in Memoriam, for orchestra

Requiem Canticles, for 2 vocal soloists, chorus & orchestra
7. 1. Prelude
8. 2. Exaudi
9. 3. Dies Irae
10. 4. Tuba mirum
11. 5. Interude
12. 6. Rex tremendae
13. 7. Lacrimosa
14. 8. Libera me
15. 9. Postlude
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/2374-9cb43799
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック