FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています


デューク・エリントン / コロムビアミュージックエンタテインメント株式会社(1991/04/21)
Amazonランキング:位
Amazonおすすめ度:


ヒストリカル・スピーキング デューク・エリントン

エリントンのレパートリーを再演したアルバムです。
オリジナルと違うと批判される方もいますが、私は両方素晴らしいと思います。

録音:1956年2月7、8日 シカゴ
演奏:デューク・エリントン オーケストラ
REEDS:Johny Hodges()、Paul Gonsalves()、Russell Procope()、Jimmy Hamilton()、Harry Careney()

TRUMPETS:"Cat"Anderson,Rey Nance(*11.はviolin),Clark Terry,Willie Cook

TROMBONES:Britt Woodman,John Sanders,Quentin Jackson

RHYTHM:Duke Elligton(p)、Jimmy Woode(b)、Sam Woodyard(ds)

曲目:()以外は Elligton
1. East St.Louis Toodle-O(Elligton-Miley)
2. Creole Love Call
3. Stompy Jones
4. The Jeep is Jumpin'(Elligton-Hodges)
5. Jack The Bear
6. In a Mellow Tone
7. Ko-Ko
8. Midriff(Strayhorn)
9. Stomp Look and Listen
10. Unbooted Character
11. Lonesome Lullaby
12. Upper Manhattan Medical Group
テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/237-4abd2a0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック