FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています


今回はバレエ音楽Le Baiser de la féeとRenard。新古典主義の作品でLe Baiser de la féeはTchaikovskyの旋律に基づく

録音:Victoria Hall, Geneva
1955年10〜11月〈5〉
1963年2月〈1〜4〉
演奏者:Ernest Ansermet(指揮)、Orchestre de la Suisse Romande〈1-4〉

Gerald English (tenor)、John Mitchson(tenor)、Peter Glossopn(bass)、Joseph Rouleau(bass)、John Leach(cimbalom)〈5〉

曲目:Igor Stravinsky
Le Baiser de la fée
1 第1楽章:シンフォニア
2 第2楽章:スイス舞曲
3 第3楽章:スケルツォ
4 第4楽章:パ・ド・ドゥ

5 Renard
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/2337-7a0372f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック