FC2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています

Friedrich Nietzsche Lieder.Piano.Works.Melodrama

マーキュリー・ミュージックエンタテインメント
発売日:1996-02-25

今晩は秋の気配を感じて、Fischer-Dieskauを聴きたくなりました。
何を聴こうかとCDの棚を調べたら、まだ聴かないで放っておいたこのアルバムが在りました。
Friedrich Nietzscheの哲学とこの作品の関連性は解りませんが、楽しめました
Dietrich Fischer-Dieskauのピアノ演奏〈7. 18.〉も珍しいです

録音:
1989年9月14〜17日 Sender Freies Berlin, Berlin
1993年6月10〜11日 Siemens Villa, Berlin
演奏者:Dietrich Fischer-Dieskau(baritone)〈1.-6.〉、(p)〈7. 18.〉
Aribert Reimann (p)〈1.-6. 8.-17.〉
Elmar Budde (p) 〈7. 18.〉

曲目:Friedrich Nietzsche
1. Mein Platz vor der Tür
2. Aus der Jugendzeit
3. Da geht ein Bach
4. Das Zerbrochene Ringlein
5. Wie Sich Rebenranken Schwingen
6. Beschwörung
7. Nachklang Einer Sylvesternacht
8. Nachspiel
9. Ständchen
10. Unendlich
11. Verwelkt
12. Ungewitter
13. Gern Und Gerner
14. Das Kind An Die Erloschene Kerze
15. Es Winkt Und Neigt Sich
16. Junge Fischerin
17. Gebet An Das Leben
18. Manfred-Meditation
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/2266-b86adfd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック