fc2ブログ

音の散歩道

音楽やオーディオに関連したことを書いています


ブッシュ室内管弦楽団, 管弦楽団, パリ(交), モイーズ(ルイ), ピアノ伴奏, ジノ(ウジェーヌ), M・ロペス, カルベ(弦四), モイーズ(マルセル), ゼルキン(ルドルフ) / EMIミュージック・ジャパン(1991/11/13)
Amazonランキング:34535位
Amazonおすすめ度:

マルセル・モイーズの芸術

チェロのカザルスの様に、現代フルート奏法を確立した演奏家と云えば彼の功績を抜きには語れません。
今回は4枚のCDで彼の名人芸を聴きます♪

録音:DISC 1.1935年、DISC 2.1930年、DISC 3.1.-3.1931年、4.1929年、5.1934年、6.1927年、7.1935年、8.-9.1927年、DISC 4.1.-3.1927年、4.-6.不明、7.1938年、8.1934年(?)、9.-10.不明

演奏者:マルセル・モイーズ(fl)
DISC 1.アドルフ・ブッシュ(指揮)、ブッシュ室内管弦楽団
8.-10.ルイ・モイーズ(fl)
11.-12.ルドルフ・ゼルキン(p)

DISC 2.
1.-3.ウジェーヌ・ビゴ(指揮)、管弦楽団
4.-6.ピエロ・コッポラ(指揮)、管弦楽団

DISC 3.
1.-3.リリー・ラスキーヌ(ハープ)、ピエロ・コッポラ(指揮)、管弦楽団
4.エリー・コーエン(指揮)、パリ交響楽団
5.ルイ・モイーズ(p)
6.-9.ピアノ伴奏

DISC 4.
1.-3.リリー・ラスキーヌ(ハープ)、ウジェーノ・ジノ(ヴィオラ)
4.-6.M.ロペス(チェロ)、ガブリエル・ピエルネ(p)
7.ユリス・ドレクリューズ(cl)、リリー・ラスキーヌ(ハープ)、カルヴェ弦楽4重奏団
8.ウジェーヌ・ビゴ(指揮)、管弦楽団
9.ルイ・モイーズ(p)
曲目
DISC 1.
バッハ:管弦楽組曲 第2番 ロ短調 BWV.1067
1.序曲2.ロンド3.サラバンド4.ブレー5.ポロネーズ6.メヌエット7.バディネリ

バッハ:ブランデンブルグ協奏曲 第4番 BWV.1049
8.第1楽章:アレグロ9.第2楽章:アンダンテ10.第3楽章:プレスト

バッハ:ブランデンブルグ協奏曲 第5番 BWV.1050a
11.第1楽章:アレグロ12.第2楽章:アフェトゥオーソ13.第3楽章:アレグロ

DISC 2.
モツァルト:フルート協奏曲 第1番 ト長調 K.313
1.第1楽章:アレグロ・マエストーソ2.第2楽章:アダージョ・ノン・トロッポ3.第3楽章:ロンド(テンポ・ディ・メヌエット)

モツァルト:フルート協奏曲 第2番 ニ短調 K.314
4.第1楽章:アレグロ・アペルト5.第2楽章:アンダンテ・マ・ノン・トロッポ6.第3楽章:アレグロ

DISC 3.
モツァルト:フルートとハープのための協奏曲 ハ長調 K.299
1.第1楽章:アレグロ2.第2楽章:アンダンティーノ3.第3楽章:ロンド
4.グルック:精霊の踊り
5.ドヴォルザーク:ユーモレスク
6.ビゼー:メヌエット(「アルルの女」第2組曲より)
7.ドップラー:ハンガリア田園幻想曲
8.ジュナン:ナポリ民謡による幻想曲と変奏
9.ジュナン:ヴェニスの謝肉祭

DISC 4.
ドビュッシー:フルート、ハープとヴィオラのためのソナタ
1.第1楽章:前奏曲ー田園曲2.第2楽章:間奏曲3.第3楽章:終曲
ピエルネ:室内ソナタ
4.第1楽章:前奏曲5.第2楽章:サラバンド6.第3楽章:終曲
7.ラヴェル:序奏とアレグロ
8.イベール:フルート協奏曲ー第1楽章
9.タファネル:アンダンテ・パストラール
10.ドビュッシー:シランクス
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nmzk.blog99.fc2.com/tb.php/194-989ef0c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック